入れ歯・ブリッジ

それぞれの特性を熟知しているから増える選択肢。
患者さまに合った方法を見つけ出します。

むし歯や歯周病、事故などで歯を失ってしまった場合、当院では「入れ歯」「ブリッジ」「インプラント」と3つの選択肢をご用意しております。
お口の状態や患者さまのご希望を鑑みながら、ご満足いただける治療を目指します。

入れ歯

取り外して自分で洗浄できてお手入れが楽なのが入れ歯です。自費診療でつくる入れ歯には、目立たず、かつ強く噛めるものもございます。

入れ歯でお悩みの方は、大阪市旭区・千林大宮・森小路の当院までご来院ください。

入れ歯の種類

レジン床入れ歯

入れ歯の床部分をレジン(歯科用プラスチック)でつくる保険適用の入れ歯です。痩せてしまった歯ぐきの盛り上がりを取り戻すことができます。
ただし、素材の特性上、床部分にある程度の厚みが必要となりますので、自費でつくる入れ歯と比べると違和感があります。

金属床入れ歯

床部分を金属でつくる入れ歯です。
金属ですので、薄く、軽く、違和感を抑えたものをつくれます。また、熱の伝導性に優れていますので、温かいものを温かく、冷たいものを冷たく食べることができます。

ノンクラスプデンチャー

一番の特徴は、留め金を使用しないために口を開けても金属が見えない点です。食べ物もつまりにくく、耐久性にも改良が加えられました。審美性に優れた入れ歯です。
ただし、修理や再調整がしにくく、使用年数の長さでは金属床義歯には劣ります。

磁性アタッチメント入れ歯

磁石の力で安定を得るタイプの入れ歯です。
安定感は抜群で、しっかりと噛むことができます。見た目にも美しい入れ歯です。
ただし、安定するが故に噛んだときの力が直に入れ歯にかかりますので、それを支える歯への負担も考慮しなければなりません。

オーバーデンチャー

顎の骨に埋入した数本のインプラントを支えにして入れ歯を安定させます。強く固定されていますので、しっかりと噛むことができ、違和感もほとんどありません。
すべての歯をインプラントにするよりも、身体への負担が少なく、費用も抑えられます。

ブリッジ

歯を失ってしまった箇所を、両隣の天然歯を覆う被せ物と一体となった人工歯で、橋を渡すように補うのが「ブリッジ」です。
ブリッジをご希望される方は少なくなりつつありますが、それでも状況によっては推奨されることがあります。インプラントとの併用で、より効果的に使用することもできます。

インプラント

顎の骨に埋入したインプラント(人工歯根)で人工歯を支えます。
1本のインプラントで1本の人工歯を支えるため、周囲の歯への負担が少なくて済みます。顎の骨に固定されているため、ぐらつきません。非常に美しい仕上がりとなります。
取り外して洗浄する必要がなく、天然歯と同じようにブラッシングでお手入れできます。ただし、あくまで埋め込んでいるのは人工物ですので、歯科医院での定期的なメインテナンスが欠かせません。

また、インプラント治療をされる方は、血液検査を必ず行い、全身の健康状態を把握した上で手術をさせて頂きます。

大阪市旭区・千林大宮・森小路でインプラント治療ならお任せください。

当院のインプラント治療

一回法と二回法

インプラント治療には、一度の外科処置で済む一回法と、二度に分けて外科処置を行う二回法があります。もちろん、歯肉の切開が一度で済めばそれだけ患者さまのご負担は軽減されますが、すべてのケースに適用されるわけではありませんので、状態をしっかりと把握して、ご希望を伺いながら判断します。

抜歯即時埋入

重度のむし歯や歯周病により、抜歯せざるを得ない場合、「抜歯即時インプラント埋入」という方法で、一般的には二度ある外科処置を一度で済ませる方法です。
治療期間が短くて済み、患者さまの負担軽減にもなります。

ソケットリフト

上顎には歯の奥に「上顎洞」という空洞が存在します。上顎洞が広くなり、骨の量が少なくなってしまった場合、そのままインプラントを埋入するのは危険です。
ソケットリフトでは、上顎洞の底にある粘膜を剥がして持ち上げ、そこで骨を再生させることで、十分な骨の量を確保し、インプラント埋入を可能とします。

スプリットコントロール

顎の骨の幅が薄い場合、そのままインプラントを埋入するのは危険です。
当院では、「スプリットコントロール」という方法を用い、骨の厚みを取り戻す治療を行うことができます。
専用の器具で骨に小さな割れ目を入れ、そこから無理なく骨を押し広げることで、その間に骨の出来るスペースが出来ます。押し広げられた骨は厚くなりますので、インプラントはより安定します。また、従来の方法よりも骨に対するダメージが少なくて済みます。

静脈内鎮静法

当医院ではインプラント手術時に麻酔専門医による全身の管理のもと、静脈内鎮静法と局所麻酔を併用することでインプラント手術に対する不安や手術時の痛み、時間の経過などを全く自覚することなくインプラント手術を受けることが可能です。
簡単に言えば、うとうとしている間に治療をさせる麻酔方法です。静脈内鎮静法を行うと、治療中のことはほとんど覚えていない(人によってある程度は覚えている人もいます。)状態になります。 うとうとしている間にインプラント治療が終了するので、治療に不安を持っている患者さんには最適な麻酔方法です。
また急な血圧上昇などにも迅速に対応できるので安心です。

麻酔が終了しても完全に切れるまで時間がかかります。通常、静脈内鎮静法は、麻酔を終了すると5分程度で麻酔はきれます。 しかし個人差もありますので、麻酔が完全にきれるまで時間がかかることもあります。

手術当時は麻酔がきれた後も暫くぼーとする感じが残る場合があります。 そのため当日はお車やバイク、自転車での来院は絶対になさらないで下さい。 また付き添いの方が一緒にいらしていただいても良いかと思います。

 

その他、インプラント治療でご不安な点、ご不明な点は、大阪市旭区、千林大宮駅や森小路駅から近いもがり歯科医院へお越しください。

症例

術前

術後

術前

術後